Loading...

本文へ移動
お魚カテゴリー画像

ふじのくにパスポート

県内のおでかけ・おもしろ情報

おでかけ スイーツ レトロ 沼津

スイーツが桶に乗ってどんぶらこ。沼津のレトロな甘味処「どんぐり」

いま、昭和レトロが静かなブームになっています。昔ながらの喫茶店や商店街など、昭和を感じさせるスポットが注目を集めているのです。伊豆半島の付け根にある沼津市の中心部にも、そんな昭和の香りを色濃く残す場所があります。それが甘味処「どんぐり」。テレビやSNSなどで取り上げられて話題を集めており、休日ともなれば行列ができるそうです。一体、「どんぐり」の何がそれほど多くの人を惹きつけるのか? 秘密を探ってきました。

 

 

沼津駅から徒歩2分ほどの沼津仲見世商店街のアーケードから少し脇道に入ったところに「どんぐり」はあります。大きく店名が描かれた看板があるのですぐに分かります。外観は昔ながらの甘味処といったおもむき。精巧に作られたカラフルな食品サンプルがひと際目を引きます。

 

店内に足を踏み入れると広がっていたのがこの光景! お店の中央には大きなカウンターがあり、中心をまるで川のように水が流れているのです。初めて目にする驚きの光景です。一体これは何なのか? 店主の斉藤重昭さんに聞きました。

 

「これは『リバーカウンター』といって、注文した料理を桶にのせて水路に流し、お客様のところに届けるシステムです。埼玉県にある甘味処が特許を持っていて、『どんぐり』をオープンする際に、設置する許可をもらいました」と斉藤さん。

斉藤さんは、1976年、27歳の時に「どんぐり」をオープン。全国的にも珍しいリバーカウンターはお店の大きな目玉でした。そして、それ以来45年にわたって、リバーカウンターを大切に使い続けてきたのです。

「若い人たちが珍しがってSNSで発信してくれるおかげで話題になり、休みの日には開店前から並ぶ人もいます。忙しい時は30分待ちの行列もできます。開店当時は最新式のお店だったのですが、今となってはレトロな雰囲気が若者に受けているのも面白いですね」

 

我々も早速、リバーカウンターの魅力を体験してみることに。まずは券売機で食券を買います。スイーツからお食事まで、メニューが豊富で迷ってしまいます。

 

注文が決まって発券したら、空いている席に座ります。各席には“三島”や“沼津”など東海道の宿場町の名前がつけられています。

 

発券した食券を客席にあるホルダーに挟んで桶にセットすると、水流に乗ってゆっくりと厨房まで運ばれていきます。いってらっしゃ〜い。

 

待っている間に少し店内を探索してみましょう。まず気になるのが、そこかしこに置かれたガラスケース。

 

中をのぞいてみると何十年も前の古いゲームウォッチやレコードがズラリ。こちらは店主の斉藤さんのコレクション。昭和世代には懐かしく、平成世代には新鮮に感じられるはず。

 

もう1つ気になったのがこちら。なんだかお分かりになりますか? 実はオープンして間もなく導入したというジュークボックス。まだまだ現役で、硬貨を入れれば好きなレコードをかけながら食事を楽しむことができます。

 

 

「故障したこともあるけれど、修理しながら大切に使っています。曲もあえて古めの曲を選んで入れているんですよ」と斉藤さん。

 

そうこうしているうちに、座席の“沼津”のランプが点灯しました。これはお食事が到着する合図。どんぶらこと流れてくる桶にテンションも上がります。そしてついに“沼津”に到着〜! 桶が手元まで流れてきたらキャッチして、料理をゆっくりカウンターに移しましょう。

 

では、早速いただきます! まずは、人気メニューの「梅きしめん」から…。しっかり出汁が効いたつゆと柔らかめに茹でられた麺の相性が抜群。うどんではなくきしめんというところがまた絶妙で、平たい麺がスルスルと口に入ってきます。一番の特徴である大きな梅干しをほぐして麺と一緒にすすってみると一気に味変! 酸味と塩気の効いたパンチのある味わいになります。

 

そして、お待ちかねの「抹茶クリームあんみつ」! 抹茶アイスとソフトクリームの上から”みつまめ”がかかった定番の和洋折衷スイーツです。抹茶の風味と”みつまめ”が最高にマッチするのは言わずもがな。新鮮なフルーツと寒天の独特な食感も舌を楽しませてくれます。

 

「ブルーパンチ」や「ピンキーパンチ」、「フルーツポンチ」などのスイーツも爽やかな美味しさなうえ、色鮮やかでSNS映えするのでオススメ。

 

レトロなインテリアに珍しいリバーカウンター、そして美味しい食事と、目も舌も大満足! その様子をSNSにアップすれば、反響があること間違いなし! 今度のお休みは「どんぐり」に足を運んで、昭和レトロな世界にどっぷり浸ってみませんか?

 

 

(施設情報)

甘味処 どんぐり

住所 静岡県沼津市大手町5-8-22

営業時間 11:00~19:00 (水曜定休日)

電話番号 055-951-1777

https://www.numazu-nakamise.jp/shop/donguri/