Loading...

本文へ移動
お魚カテゴリー画像

ふじのくにパスポート

県内のおでかけ・おもしろ情報

おでかけ

イルミでタピる?! 5周年を迎えた静岡一の「伊豆高原グランイルミ」が映え過ぎて止まらない!

 

クリスマスやニューイヤー、どんな寒い夜でも自然とテンションも体温もアガるイルミネーション。今回は静岡を代表するイルミネーションスポット「伊豆高原グランイルミ」の魅力に迫ります!!

 

 

数々の賞を受賞!!今年はブームになったタピオカドリンクも

伊豆ぐらんぱる公園の50周年特別記念企画として2015年に誕生し、5th SEASON を迎えた伊豆高原グランイルミは、毎年10月から翌8月まで楽しめるイルミネーションスポット。イルミネーションスポットとしては後発ですが、すでに数々の賞を受賞しています。
Walker+ イルミネーションランキング 3年連続 第1位(2017.7/2018.9/2019.7)受賞
第3回 クールジャパンマッチングアワード 審査員特別賞 受賞
そして今年は
第7回 全国夜景イルミネーションアワード 総合エンタテインメント部門 第3位 受賞
とその人気と実力はとどまることを知りません。
デイタイムの伊豆ぐらんぱる公園とは別世界のグランイルミを企画広報部の山本江理さんに案内してもらいました。

 

ようこそ、伊豆高原グランイルミへ!! メインエリアへ続く夢のトンネルやガゼボの見えるゲートは山本さんオススメのフォトスポット。

 

 

冬の風物詩ともいえるイルミネーションですが、伊豆という土地柄、また夏季まで楽しめるとあって多くの観光客が訪れるそう。昨年度の総来場者数は23万人。伊東市の人口が約6.8万人(2019.7)なので、なんと4倍近くの人が訪れている計算になります。立派な旅の目的地ですね。

 

 

イルミネーションと一体化! イルミネーションと遊ぼう!

今年のテーマは「Good Day(良い日)」
「キレイなイルミネーションを観て、体験して、良い思い出を作ってもらえたら」と山本さん。イルミネーションは「観る」ものだと思っていましたが「体験」もできるんです。
もともと伊豆ぐらんぱる公園にはいくつものアトラクションがあり、自身が光となって流星のごとく夜空を疾走できるジップラインや、宇宙空間を滑り抜けるようなロングスライダーなど、イルミネーションと一体化して遊べるのが最大の魅力です。
上空からイルミネーションを楽しめるのは全国的にも珍しいと山本さん。しかもスマホ動画撮影ツールの貸し出しもしているので、自撮りだってできちゃいます。

 

 

今年は2020年のオリンピックを意識し、地上絵には錦鯉、ビジョンには富士山や工場夜景など日本的要素を取り入れた演出も。10分間隔で開催される3つのショーも必見です。
山本さんオススメの観賞スポットはこちら。
オーロラを見ているかのような幻想的な「フルカラーレーザーショー」はウキウキのかけ橋近く、イルミ広場から。「光と音のショー」は絶景展望台から。「グランビジョンショー」はランタン花畑あたりから観るのがオススメ。

 

 

テーマごとにエリア分けされていますが、一番の魅力は大きなすり鉢型をした地形にあると思います。起伏によって生まれる立体的で奥行きのあるイルミネーションは予想をはるかに超える美しさと感動をくれるはず。

 

映えポイントもたくさんあるので楽しさ満点!

 

 

カップルやグループに。こんな楽しみ方も!

カップルにおすすめなのが恋人神社。ここは地元・神祇大社の神主さんが祈祷されているのでご利益も期待大。ラブガチャにふたりの想いを込め、キーは1つずつ大切に持ち帰りましょう。

 

 

そのほか園内にある“海賊レストラン GRANTEI”には重量1.2kgのドデカ級かぶりつき肉「海の覇者トマホーク」や「爆弾ハンバーグ」、海色の「ブルーオーシャンカレー」など、ネーミングもビジュアルもワクワクする料理が楽しめます。

 

 

イルミネーション、アトラクション、レストランと常に進化し続けるグランイルミ。静岡自慢をかねて友達を誘って出かけてみては。

 

 

伊豆高原グランイルミ〜5thシーズン〜

伊東市富戸1090

0557-51-1122

開催期間 2019.10.19〜2020.8.31(季節により営業時間が異なります。詳細はホームページをご覧ください)

https://granillumi.com