Loading...

本文へ移動
お魚カテゴリー画像

ふじのくにパスポート

県内のおでかけ・おもしろ情報

おでかけ

天浜線を走るスローライフトレイン。 のどかな沿線に北欧デザインが溶け込む。

静岡県西部、掛川市から浜松市天竜、湖西市を結ぶ天竜浜名湖鉄道の通称「天浜線」。日本の原風景ともいえるのどかな沿線を、ひときわ目を引く列車が走っています。県内外から乗客が訪れるという「スローライフトレイン」。北欧デザインに彩られた列車が自然と調和する天浜線の魅力を聞きました。

 

 

北欧・フィンランドを代表するテキスタイル、アパレルブランド「マリメッコ」。花をモチーフにしたシンプルで洗練されたデザインは、日本でもファンの多いブランドです。その印象的なファブリックを車内にあしらったのが、天浜線の「スローライフトレイン」。窓と座席のカバーにマリメッコの布を使った車両は、思わず写真を撮りたくなるかわいさです。

 

 

この列車が誕生したのは2017年。地元の建設会社「都田建設」の協力を得て、レトロなTH3500形に、マリメッコのカーテンとヘッドレストカバーをセット。

 

 

ヘッドマークも作り「スローライフトレイン」として運行を開始しました。

 

 

「最初はマリメッコって何?という感じでした」と笑うのは天竜浜名湖鉄道の大村由司さん。

 

 

「調べてみると私も一度は見たことがある柄で、女性に人気だとわかりました。このスローライフトレインが走るようになって、女性からのお問い合わせも増えましたね」

運転日は限られていますが、ダイヤを確認して遠方から乗りに来る人も少なくないという人気ぶりです。

 

 

コミュニケーションが生まれる「miyakoda駅cafe」

スローライフトレインと合わせて、注目されているのが都田駅舎内の「miyakoda駅cafe」。

 

 

木造の駅舎をリノベーションして造られたこのカフェも、駅の待合室も、壁面がマリメッコのファブリックで飾られています。

 

 

都田建設の代表取締役、蓬台浩明さんは「スローライフが始まる駅と私たちは呼んでいます」と説明します。20年ほど前までは高齢化の影響で「猫も歩かない」といわれるほど人が減り、荒れた田畑が広がっていた都田。この街を拠点に家を手がけ、街づくりにも関わる中で、地元の人に「手入れをしてくれるなら土地を使ってほしい」と声をかけられるようになったといいます。

「そういう方々のご厚意を受けて、都田に少しずつカフェや雑貨店などを造っていきました。都田駅で薬局を営んでいたご夫婦が撤退されるという話を教えて下さったのも地元の方。それなら私たちに何かさせていただけませんかと、天竜浜名湖鉄道さんに相談しました」

 

 

カフェの特徴はホームに隣接していること。実際、カフェに入ってみると、列車を待つ人、乗り降りする人、カフェでお茶を楽しむ人との距離がとても近いのが印象的です。

 

 

この空間は、蓬台さんいわく「景色とデザイン、建物と人、新しいデザインと古くからあるものが集まる場所」。マリメッコ列車をきっかけに天浜線を知って外からやってくる人と、地元の人が行き交い、ゆるやかにコミュニケーションが生まれる。駅Cafeは確かにその中心になっているように感じられます。

 

 

全線開通から80周年

地元の人たちの通勤・通学の足として、また観光客を運んできた天浜線。令和2年6月、掛川―新所原67.9km全線開通から80年を迎えます。6月13、14日には「天浜線フェスタ」も開催予定。天浜線の大村さんは、この沿線の魅力を「昔から変わらないところ」と話してくれました。

「何年も機関士として働いている社員は『車窓から見る景色は昔から変わらない』と言います。広々とした田園や茶畑の緑、春には桜並木、浜名湖沿いの水辺の風景。のどかな沿線を楽しんでもらえるように一日乗車券を買っていただいた方に沿線グルメガイド、御朱印めぐりガイドブックなどもご用意しています」

 

 

1時間に1本というのんびりペースの運行と日本の原風景に、北欧デザインのマリメッコの列車が不思議と溶け込む天浜線。慌ただしい日常からちょっと離れ、スローライフトレインに揺られながら車窓の景色にホッとひと息ついてみませんか?

 

 

 

天竜浜名湖鉄道 スローライフトレインの運転日はHPに掲載中。

https://www.tenhama.co.jp/events/4936/

天竜浜名湖鉄道 営業課

浜松市天竜区二俣町阿蔵114-2

電話 053-925-2276

 

 

都田建設ドロフィーズ「miyakoda駅cafe」

浜松市北区都田町5563-21

11:00~16:00(火~木定休)

電話 053-428-8088

https://dlofre.jp/cafe-restaurant/eki-cafe/