Loading...

本文へ移動
お魚カテゴリー画像

ふじのくにパスポート

県内のおでかけ・おもしろ情報

おでかけ グルメ 静岡茶応援

アマビエが可愛い、お茶の一煎パックとお茶マドレーヌをお土産に

 

コロナの影響で落ち込む静岡のお茶産業を盛り上げようと、さまざまなお店が新しい取り組みを始めています。

その1つが、お茶販売の「初美園(はつみえん)」と和菓子の「風土菓庵原屋(ふどかいはらや)」が共同開発した静岡県産の茶葉を使ったマドレーヌと一煎パックのセット商品。

アマビエのイラストを使ったパッケージが特長で、お土産にもぴったり。

今回、初美園の笹野代表と庵原屋の望月代表にコラボの経緯についてお話を伺いながら、実際に試食しました!

 

まずは、静岡市葵区の初美園へ。初美園は、本物の静岡茶を提供することにこだわっているお店。茶葉、ティーバッグ、茶器に至るまでお茶に関わる商品を購入できます。

今回、代表の笹野さんが迎えてくれました。

店内に入ってみるとさまざまな産地のお茶が並んでおり、その一角にあるのが今回のコラボ商品。アマビエのイラストが描かれたパッケージと、庵原屋のお茶をふんだんに使ったマドレーヌがセットになっています。一煎パック4個とマドレーヌ2個入りセットで980円(税抜き)で購入可能。

早速、今回のコラボレーションについて伺ってみました。

「コロナが思っていたよりも長期化する中で、生活リズムが狂ってしまい、心も体調を崩された方が多いと聞きました。そういう方を中心に1日のリズムをお茶でリセットする時間を作ってもらいたい。と思ったのがきっかけです」と笹野さん。

そこで疫病を払うとされている「アマビエ」をデザインしたパッケージを制作。そのタイミングで、取引のあった庵原屋のお茶のマドレーヌとの相性がちょうどいいとコラボを提案。庵原屋も賛同し、今回のコラボが決定したとのことです。

 

一煎パックは、テトラ型のティーバッグに煎茶と抹茶を混ぜたもの。煎茶のさっぱりとした味わいと、抹茶の旨味が混ざり合い、水出しでもお湯でも楽しめる一杯となっています。

こちらがお湯で出した様子。ティーバッグなので、急須に入れても、コップに入れても良し。抹茶が入っていることでしっかりと味が出ていました。苦味と旨味のバランス良く、甘いお菓子でも食事でもあわせやすいお茶です。

パッケージの可愛さが、お客様から好評とのこと。確かに可愛いですね。県外の方に、静岡のお土産としてプレゼントしても喜ばれそうです。

750mlのフィルターインボトルで水出しにする場合はティーバッグが2つ、500mlなら1つで十分味と色が出ます。これも抹茶が入っているからこそです。

 

 

次に、初美園から車で30分ほど走った場所にある清水区の庵原屋へ。

庵原屋は、大正13年に創業した県内でも歴史あるお店です。

 

4代目の望月さんが出迎えてくれました。

庵原屋で取り扱っている「アマビエ静岡茶詰合」。初美園とは、箱のデザインが異なりますが、一煎パック4個とマドレーヌ2個入りは変わりません。

「お茶のマドレーヌは、コロナが広がる前に静岡の名物を作ろうとしたことがきっかけです。一般的なお茶のマドレーヌはお茶の色はしていても、お茶の味はあまりしません。そこで、このお茶のマドレーヌは静岡茶をふんだんに使って、インパクトのあるものを作ろうと思いました。」

 

実際食べてみると、お茶の香りをふんだんに感じる味の濃さ。苦味はなく、程よい甘さが特長です。

 

マドレーヌ以外にも、4代目が開発した「たま最中」も人気とのこと。一口サイズで、差し入れやお土産にもぴったりです。

 

 

静岡のお茶産業の応援と疫病退散の意味を込め、こだわりの詰まったお茶とマドレーヌのお土産を買ってみてはいかがでしょうか?

 

 

(店舗情報)

初美園

静岡県静岡市葵区西千代田町9-29グリーンタウン1F

0120-45-0164

https://hatsumien.jimdofree.com

 

庵原屋

静岡県静岡市清水区銀座14−14

054-366-1022

定休日 水曜日

https://ihara8.com/