Loading...

本文へ移動
お魚カテゴリー画像

ふじのくにパスポート

県内のおでかけ・おもしろ情報

おでかけ キャンプ・グランピング特集 浜松

【キャンプ・グランピング特集!第四弾】 部屋キャンの次は、サファリ気分で新体験! 浜松「365BASE outdoor hostel」

高まり続けるアウトドア人気。でも、もともとキャンパーで無い限り、気軽にささっと……という訳にはいきませんよね。

 

浜松市にある「365BASE outdoor hostel」は、アウトドアがコンセプトの全国的にも珍しいホテル。お部屋の中でキャンプ気分を味わえたり、ボルダリングをしたり。個性豊かなコンセプトルームが人気を集めています。さらに2021年6月には、動物たちに囲まれながらサファリ気分を楽しめるお部屋も誕生!

 

オシャレにおこもりしながら、ワクワク冒険の旅に出かけてみませんか?

 

JR「浜松駅」からタクシーで約13分、遠州鉄道「助信駅」から徒歩4分。東名高速「三方原スマート I.C.」からだと10分弱。スーパーやコンビニも近くにある、便利な浜松市の街中に「365BASE outdoor hostel」はあります。

 

足を踏み入れると、そこはホテルというより、秘密基地みたい!壁には宝の地図のようなMAPがあり、周辺の観光スポット情報がまとめられています。

 

さらにアウトドア気分を盛り上げるなら、特別な1杯はいかがでしょう?

 

フロントには、修善寺生まれの「ベアドビール」(1本800円)が6種類も用意されています。クラフトビール好きなら、一気にボルテージが上がるはず。

 

ワクワクしながら、さらに奥へ。広々とした共有リビングには、円錐形の吊り下げ型ハンモック「カクーン」がぶら下がり、焚き火台をイメージしたテーブルや、天竜区の松を切り出して作ったという手作りの「うんてい」まであります。

 

ここはとにかくオシャレで、電源&フリーWi-Fiも完備。無料のコーヒーマシンや雑誌も充実しているので、コワーキングスペースにも活用できます。「遊び」と「仕事」を自分らしく自由に選べるから、仕事がサクサクはかどりますよ!

 

共有リビングは、子供も大人も時間を忘れて過ごせる遊び場。本棚にはびっしりと漫画が並び、ダーツやカードゲーム、けん玉も置かれています。

 

旅先で友だちを作りたい人は、ぜひ利用してみて。初めて来た人も、するりと溶け込めるようなあったかい空間がサポートしてくれるはず。

 

アウトドア好きの間で話題になっているのが、中庭にあるボルダリングコーナー(無料)。

 

コースは初級・中級・上級の3つ。マッスル自慢の方は、ぜひ一番難しい「指がんばれコース」にチャレンジしてみてください。クリアするのは至難の業ですが、難しいほど好奇心がメラメラ燃えて、ハマってしまいます。

 

「365BASE outdoor hostel」を運営するのは、浜松で不動産仲介業やリノベーションを手がける(株)スズヒロ。

 

もともとは社員寮だったところをリノベーションし、アウトドアをテーマにした宿泊施設兼シェアハウスとして2017年にオープン。2019年に誕生した「屋内型キャンプルーム」が大人気となり、2020年に1年かけて大幅リニューアル。個性豊かなコンセプトルームを順番に増やしていき、さらに注目を集めるようになりました。

 

ダンディなオーラをまとう代表の古橋さんは、バリバリのアウトドア派……かと思いきや、意外にもインドア派!でも、だからこそ、非日常の“お楽しみ空間”をお部屋で楽しめる、今回のような宿泊施設を作りたかったのだとか。

 

客室は、そんな古橋さんのセンスとアイデアがキラリと光ります。中でも、稼働率No.1のお部屋が、アウトドアスタイルにリノベーションされた「キャンプダブルルーム」。

 

実は「キャンプダブルルーム」を含むほとんどのお部屋に、約120インチのプロジェクターが付いています。自分のアカウントでログインすれば、プライベートシアターに大変身。ガチで映画を見たり、BGM代わりにユーチューブを流し見するのもアリです。

 

細かなアイテムもアウトドア感があってオシャレ。使う度に気分が上がります。

 

さて、キャンプといえば、普段とは違う食事も楽しみの一つ。「キャンプダブルルーム」を含む1Fは、ウッドデッキが付いていて、食材を買ってくれば、手ぶらでバーベキューができます。

 

目の前を流れる曳馬川の爽やかな川風に吹かれながら、のんびり、まったりが最高。川沿いは桜並木が続いているので、春はお花見&バーベキューが同時に楽しめます。毎年やってくる、お花見シーズンが待ち遠しくなりますね!

 

2019年に誕生して以来、女性に大人気なのが、「屋内型キャンプルーム」。キャンパー憧れのノルディスクのテントが張られていて、おしゃれにテント泊ができます。

 

こちらのルームは最大8名まで泊まれます。

 

眠る場所は、秘密基地モード全開の2段ベッド。「どっちで寝る?」そんな風に、話し合うのも楽しそう!

 

「屋内型キャンプドミトリー」は最大10名まで泊まれる、貸し切りドミトリータイプの大部屋。ここはベッドが分かれているので、男女グループにもおすすめです。

 

焚き火台をイメージしたロースタイルのテーブルやチェア、プロジェクター、アウトドア関連の雑誌もたくさん!楽しいコトなんでもアリの部屋キャンが楽しめます。

 

そして、旅好き女子たちがザワついたのが、2021年6月にデビューしたばかりの「サファリ」です。

 

こちらは、「アウトドアと言えば、サファリでしょ!」という女性社員の発想から生まれたコンセプトルーム。トラやキリン、ライオンなど動物のぬいぐるみがたくさん置かれていて、海外のサファリパークにいるみたい……!!

 

人工芝などのグリーンを散りばめ、サファリにいるような非日常感を演出。さらにお部屋には、サファリハット・サファリシャツ・双眼鏡も完備しています。サファリルックでお気に入りの動物たちと写真を撮れば、ますます旅気分も盛り上がります!

 

最後にご紹介するのは、ベッドの空間がまるごとボルダリングルームになった、運動好きのためのコンセプトルーム。ここに泊まれば、わざわざ中庭に行かなくても、思い立った時にすぐボルダリングができます。

 

さらに落ちても大丈夫なように、オーストラリア生まれの高品質「コアラマットレス」をセレクト。このマットレスは、寝心地最高で「とことん眠りたい!」という時にも大助かり。

 

種類豊富なコンセプトルームで、遊び心いっぱいのホテルステイを楽しめる「365BASE outdoor hostel」。その日の気分で、キャンプする?サファリ行く?を決められるのが嬉しいポイントです。

 

見るもの全てが新鮮で楽しい!特別なホテルで、ワクワクな一夜を過ごしてみてくださいね。

 

 

(施設情報)

365BASE outdoor hostel

〒430-0901 静岡県浜松市中区曳馬2-1-25

TEL 053-544-4338

https://365base.jp/